2021年03月30日

耳鳴りが消えた?

昨日耳鳴り治療のことを書きました。

以前と効果が違う気がすると書きました。

そうなんです。今朝起きた後耳を凝らしましたが、雑音が消えています。耳鳴りがしていません。

以前は消えているようなのですが、何か耳の底に滓のように何かあるなあと思っている間に、じわじわと耳鳴りがぶり返していました。

本日はこのぶり返すもと原因は何かと考えた結果、あるものを加えてみました。

その効果が出たのでしょうか、スッキリと耳鳴りが消えました。

しかし残念なことに5時間ほどすると、耳鳴りがぶり返しました。

原因の基になっているところが鎮まらず、耳鳴りを起こしている大脳けつ前部を鎮めても、やがてじわじわと振動が伝わってくるのかもしれません。イメージですが。

午後に30分サウンド・アキュパンキュチャを聞くと、はっきりと耳鳴りが小さくなりました。

あいだを開けてさらに聞いています。

この結果は明日ご報告いたしましょう。

ツボを絞った結果なので、鍼治療でも効果が出るはずです。
posted by 手のひら先生 at 17:13| みみなり治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

みみなり治療研究のその後

耳なり鍼治療のその後の経過についてご報告

すでに何回かここで書いた耳鳴治療法のその後を報告します。

もう1年以上前から耳鳴りを消すために、脳神経のツボをああらゆる角度から検討してみました。

音で治すサウンド・アキュパンキュチャを何かいくらい作っては試聴し、作っては試聴しを繰り返ししてきました。

良く続くと自分ながらも感心するととともに、世界中で対策が全く無いものは副座主なものだと思います。


しかしこの1か月弱で作成したものに少し希望が出てきました。

視聴してその場で耳鳴りが消えるという事はありません。

翌朝の午前中は耳鳴り音が消えることが出てきました。

喜びもつかの間12時を迎えると、懐かしい音が聞こえはじめる繰り返しです。

脳神経のツボの見直し

短時間でも消えることがあるという事は効果があったという事です。

私だけの考えですが「脳は並列コンピューターと同じだ」から考えると、耳鳴りを起こしているけつ前部に、信号を送っている部分を短期的には刺激して耳鳴りを消したはずです。

その後時間が経過とともに耳鳴りが起きるのは、もっと深いところにあるコンピューターがまだ振動を起こしていて、やがてその影響が大きくなるのだろう。

不眠症で寝ても夜中に起きてしまのはこれと同じだと考えられます。

並列コンピューターのスイッチを切ったと思ったのに、どこかの1台のスイッチが切れないで稼働していると、やがて周りも動き始めてしまい目が覚めるのではないだろうか。

そこで本日は脳神経個所で繋がりの強いところで、まだその音を入れていなかったものを選びました。

これが成果が出れば鍼治療としても出来ます。

まだ1回試聴しただけですが、耳鳴り音が小さくなって聞こえています。

結果は明日にならないと分かりませんが、何か期待できる今の状況です。


手のひら先生の高麗手指鍼療法 [ 長谷川和正 ] - 楽天ブックス

























ラベル:鍼治療 耳なり
posted by 手のひら先生 at 16:08| みみなり治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

キラーストレス治療は簡単です。早くも治ってしまいました。

キラーストレスから脳溢血を発症しました。

12年ほど前でした。

高血圧が治らず鍼治療の方法を試しても効果なく、とうとうある日倒れてしまいました。

幸運にも運動麻痺も少なく生き残れました。最近見たMRI写真で相当危なかったことが分かりました。

退院して1年ほどして妹がパーキンソン病を発症したので、これは脳のツボを見つけなければ治せないと思いました。

頭にもツボは描かれていますが、あれは二千年前に描かれたものです。当時は脳は何をする臓器か分かりませんでした。

したがってそれらのツボは目の病気、耳の病気などを治すツボでしかありませんでした。

脳神経と結びつくものではありません。

ツボは最初から見つけなければなりませんでした
この脳のツボを見つけるためには脳神経を手に入れる必要がありました。

もう何年も前から探していましたが、手に入れることは出来ませんでした。知り合いの方も同じ悩みを抱えていたことを知りました。

何とか身内の病気治療には手に入れないとと考えると、ある日突然道が開かれるのですね。

そこからパーキンソン病はいまは簡単に治療できるまでになりました。

私の病気の件ですが、なかなか血圧は下がりませんでした。

NHKスペシャル「キラーストレス」

番組を見ているとこのメカニズムが理解できました。人間の進化とともにあるものだと分かりました。

分かれば治すことは簡単でした。

脳のツボと副腎のツボたった3か所のツボに鍼を刺すだけでした。

扁桃体と言う感情の中枢と言われるツボが異常興奮しているのでこれを抑制する鍼を打ちます。その際は診断して何本刺すか決めます。

これで治療は完成です。

最新のキラーストレス治療報告

私も体験していることですが、その危険性が分かっていても時間してみないと分からないことが多いのです。

この患者さんは上場企業に努めて待遇が良かったのでしょう。

いざ定年になり定年後も務められるものの収入が半減したところで強いストレスが掛かりました。

胸が締め付けられ血圧が上がりました。

あらゆる検査を行いましたが異常は見つかりませんでした。

それでも苦しさを訴えると「精神科を紹介しましょうか」と言われてしまったそうです。

私の本を見て来院したわけです。

本日は治療5回目です。

入室した時から良くなったのが分かりました。挨拶する声がハッキリ明るく力強くなっていたからです。

目を見るとキリっと締まり、黒目に生気が戻っていました。

「発作が起きなくなりました」と晴々と仰いました。

治療後オーリングテストで現在の治療度を測りました。

正常時の72パーセントと出ました。

70でもなく75でもありませんでした。

100になるにはあと4回の治療が必要だそうです。

なぜそんなことが出来るのかって?それができるのが鍼灸師だからです。

特別な才能はいりません。道標はどこにもありません。試行錯誤して時には遠回りするかもしれませんが、求め続ければ出来る技術なのです。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川


































posted by 手のひら先生 at 16:00| ストレス治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

新しいみみなり治療法

不眠症.jpg
耳鳴り治療 サウンド・アキュパンキュチャ治療

音で病気を治す方法をサウンド・アキュパンキュチャとなずけて、もう1年以上耳鳴りの研究を繰り返しています。

最初の頃は右も左も分からず、ただ脳神経の音を入れていたので、不眠になったりして失敗を繰り返していました。

普通に考えると耳すなわち内耳と言われているところが、何らなの障害を受けて耳鳴りが始まると考えます。

ところが最近の研究ではそうではないことが分かってきました。

耳鳴音は脳が作り出した音である

NHKためしてガッテンでは同じ病名題名で繰り返し放送されることがあります。

この耳鳴りも数回取り上げられています。

その後どうなったか興味を持ってみましたが、しかしこんぽの解決法が見つかったわけではありませんでした。

進歩はありました。

耳鍼音を作り出している脳の場所が分かったという研究成果と、耳鳴りで熟睡できない対策が出来たというものです。

前者は耳鳴りでは内耳に異常は無く、脳の頭頂部後方ケツ前部と呼ばれている部分が興奮していて、おそらくここで耳鳴り音が発生しているのではないかというものです。

睡眠対策は古典的な手法で、ラジオの音で砂嵐と言われる雑音を発生させるものです。

これは前からある雑音をウオークマンに入れて聞き、脳が耳鳴り音になれさせる手法と同じものでした。

脳の勘違いまたは注意をそらせる手法でした。

手のひら先生の耳鳴り治療法


脳神経と共鳴する音は見つけてあります。

ただしけつ前部とつながる場所は特定できません。

ストレスを受けるところでけつ前部にそれを伝えるところはどこか、15か所ほどをピックアップして音作りをしてみました。

聞くと翌朝には耳鳴り音が消えていました。

しかしながら時間とともにぶり返してしまいました。

確定申告に時間がかかり1か月間が空いてしまいました。

昨日音の選別と音の強度(これは私が発見したものです)を再検討し作り直しました。

今朝耳鳴り音はきれいになくなっていました。

前の時も同じでしたので、向かっている方向は正しいことが理解できました。

歯科治療に行き帰宅したころは耳鳴りは少し戻っていました。

以前何度も作り直し作り直していた時と、耳鳴り音が微妙に異なります。

以前はただキーンキーンと言ううるささだけでしたが、いまの音は軽いシーシーと言う音に聞こえます。

音も低く小さくなっています。

明日がどうなっているのか楽しみです。

耳鳴りはその場で結果が出ることはなく、その日の深夜か翌日にならないと結果が出ません。

さらに持続するか否かは12時を越えて維持できるか否かです。

耳鳴り治療は現在最大の敵になっています。
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川


















posted by 手のひら先生 at 16:33| みみなり治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

萎縮性加齢黄斑変性症 進行は止まったのでしょうか?

加齢黄斑変性症のうち、滲出性の方は手術も注射や薬もあるようです

ネット上で検索すると出てくる東西医学は、この滲出性の物だけです。

治るように書いてありますが治せません。私自身が眼科医から言われたのですから確かです。

とは言え自分の目ですから左目だけとはいえ、見るものが全部歪むことになったら困ります。

そこで先日より報告させてもらっているように、全力で治療を行っています。

進行はかなり止まった感じがするのですが。

鍼で刺激するツボは6か所あります。

それがフェーズごとにあるのでフェーズVまで 合計18か所のツボに鍼を刺します。

最初に治療した時はツボ当たり2本づつ鍼を刺しました。

痛かったですね!我ながら毎日は出来ませんでした。

それが3回目を過ぎると鍼は1本づつになりました。

治療回数を数えていませんが、まだ血は出ます。

全てのツボからではなく2,3か所特に1か所からはいつも多く出ます。

それも最初のころに比べれば色は明るくなりましたが、まだ黒ずんでいます。

景色は満足ではありませんが、あちこち線がポコンポコンと凹んで歪んで見えたのが治ってきました。

蛍光灯の紐1メーター以上はほぼ真っすぐに見えてきました。

エアコンの前面にある空気取り入れ口は、細い線が10本以上並んでいます。

平行線が並んでいるとところどころ線が歪んで見えますが、その個所が減ってきたようです。

歪むところはおそらく網膜の変性が起きている箇所で、最も障害が起きているところになるのでしょう。

これは網膜再生の幹細胞を刺激するしかないのだろうかと考えています。

脳神経再生の場所ならわかっているので簡単なのですが、理化学研究所では網膜再生のメカニズムを見つけ出したようなのですが。

脳のグリア細胞はどうなるのかと、遅ればせながら本を読み始めました。








posted by 手のひら先生 at 16:42| 目の難病治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

キラーストレス治療は簡単ですが短期には治らない

扁桃体の過度な興奮を抑えるのは簡単です

扁桃体のツボは進化とともに現れた3か所になります。

それとともに過度のコルチゾールを出している副腎皮質の興奮も抑えます。

ここまでの治療法はどのような鍼治療でもできません。

なぜなら扁桃体に刺激を与えられるツボがないからです。

ノジェ式耳鍼ならツボはありますが補瀉はどの様にするのでしょうか?

ストレスの治療は扁桃体と副腎それだけではない

ストレスで脳神経や臓器が異常になった時は、全身にその影響が及ぶと考えた方が良いのです。

患者さんはまだ発作に悩まされています。

おそらく神経特に交感神経の興奮が治まっていないので、少しの刺激でも反応が大きくなるのでしょう。

心窩部がぎゅっと締め付けられるそうです。

このような時鍼灸師なら肋骨の中央に飛び出している鳩尾を圧してみます。

そこかその指1本下を圧して痛みがある時は、心臓そのものがおかしくなっていると診断します。

そうでない場合はそのほかの原因を探します。

この例だと病院でもどこにも異常がなかったので、やはり心因性のものと判断できるのです。

治療としては免疫度を高めることも重要です

治療に来られる方には必ず免疫度を計測いたします。

最近は3か所だったのが6か所になりました。

今までは3か所で十分でしたが、関節リウマチの患者さんで生物学的製剤注射をされていた方が、鍼治療をして直っていた痛みが出てきました。

そこで進化を3段階ではなく、ノジェ博士のように6段階と仮定して免疫度判定個所も6か所にすると、さらなる3か所の状態が悪くなっていることが分かりました。

そのツボを治療するとたちどころに症状が改善しました。

と言う学習をしてから免疫度は6か所で検査しています。

ストレスも強いストレスに感染(あえて使ってみました)すると、全身の免疫が低下しています。

6か所のツボの免疫調整を行えば、治療後は正常に戻ります。

免疫度が低下していると血流も悪くなっていて、おそらく損傷をしているかも知れない神経網も治癒できないことと思われます。

このような患者さんは急激に改善するわけではないですが、来院するごとに顔の表情が明るくなり、手のひらを見ると血行が明らかに良くなってきたことが分かります。

精神疾患などのメカニズムは良く分かりませんが、脳内の免疫度が関係しているのではないかと最近は言われています。

鍼では免疫を高めようとしても限界があります。

手のひら先生の高麗手指療法では免疫を簡単に高める方法があるので、このような脳に関係する病気も早く改善していくのでしょう。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川

































































posted by 手のひら先生 at 16:41| ストレス治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

気が付かないうちにストレスで病気になる危険性

誰でもストレスはある

人にとってはなんでもないことや乗り越えられる壁でさえ、思いもかけない精神的重圧となってしまうことがあります。

私が12年前脳溢血を発症したのは、40歳から働きながら鍼灸学校に通ったので精神的と体力両面からストレスが掛かった結果でした。

特に引き金となったのはネットの検索順位争いが激しくなり、だんだんと患者数が減った精神的ストレスでした。

個人の力ではどうにも対処できなくて、専門業者に依頼すれば良かったのでしょうが、自分一人でもがくことになっていました。

このような個人では解決できないストレスが、働く現場では起こっているようです。

キラーストレスが牙をむいて忍び寄る時代

NHK番組でキラーストレスが取り上げられました。

そのメカニズムを知ってから私が脳溢血を起こした原因が分かりました。

原因が分かれば治療は簡単です。

脳神経と関係するツボは手のひらに発見していました。たった3個のツボに鍼を刺せば良かったのです。

現在は鍼治療と人間の進化を融合させた理論を完成させたので、さらに治療は簡単になりました。

脳溢血を起こす前にこのメカニズムを知っていればなあと思いましたが、これが後の祭りというものでしょう。

ストレスはいろいろな臓器に悪影響を及ぼす

強いストレスが血圧だけに働くとは限りません。

突然心臓が締め付けられるように痛み、検査をしても異常が見当たらない例がありました。

本人がいろいろ訴えるのでとうとう医師は「精神科を紹介しましょうか?」と言ったそうです。

しかし発作は止まりません。

他の病院に行くと薬を出されその薬を飲むと、今度は脈が遅くなってしまいました。

いつもの医師に戻って相談し薬も元に戻すなど、本人もどうしたら良いか分からない状況に落ちいったりしたそうです。

心の悩みは鍼灸師が読み解く その技術は鍼灸師が持っています

全ての鍼灸師がその技を持っていると言えませんが、その技術原因を心まで読んで治すことが出来ます。

たとえばぎっくりこしは心因性のことが多いので、ただ血流改善の鍼治療をしても治りません。

ぎっくり腰を起こしたというので、検査するとコロナウイルスでストレスが溜まり原因となったようです。

患者さんにそのことを聞くと、その通りストレスが溜まっていたそうです。

一歩踏み込んで心の悩み、多くは脳が感じているストレスですが、その治療をすれば簡単に治るものです。

脳のストレスは例えばキラーストレスと呼ばれるものは、扁桃体の異常興奮が元凶なのでまずそこを沈静化します。

そして影響されている副腎皮質の興奮を抑え、コルチゾールの抑制を図ります。

まず原因の元を断って悪影響を受けているところを治さないと、根本治癒にはなりません。

心が及ぼす病気はまだまだ原因が闇に沈んでいることと思います。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川




















posted by 手のひら先生 at 15:51| ストレス治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

萎縮性加齢黄斑変性症鍼治の報告

萎縮性加齢黄斑変性症完治を目指す

昨年の秋ごろ加齢黄斑変性症の治療法はありませんと言われました。

萎縮性と滲出性と2つの型があり、滲出型は手術などがあるようです。

萎縮型は治療法がないと言うのに、検索すると何か対策がありそうに匂わせるサイトがありますねぇ。


私の行っている高麗手指鍼は手のひらを体に見立てて鍼治療をするものです。

ただそのまま鍼を刺しても他の鍼灸治療と同じような効果しかありません。

気のパワーが高い方が行うと、例えばなくなってしまいましたが、金成万先生のようになると末期がんも治してしまいます。

鍼灸の本質はこの気のパワーをいかに身につけ、患者さんに与えられるかで効果が違ってしまいます。

手のひら先生の高麗手指鍼

手のひら先生の高麗手指療法は鍼治療理論と進化論を融合させたものなので、目の治療げできる場所は3つの位相(フェーズ)に5か所のツボがありそこに鍼を刺します。

位相(フェーズ)は人間の進化の段階を表します。

魚 鳥 人間と進化しましたので3段階の記憶が体の中に眠っているのです。

目の治療

最近になってツボに何本鍼を刺せば良いのかが分かり始めました。

そこで最初のうちは本数が多いので、実は痛いのです。

痛いけどそれが効果があることが分かりました。

恐る恐る1本づつ刺していた時よりも、診断して2本と出たらその通りに刺すと、症状は劇的に変化して良くなります。

3回目にはもう1本で良くなり病状も良くなるのです。

あたらしい発見と治療の進歩です。

自分の萎縮性黄斑変性症治療

最初は痛くてさらに鍼を抜くと、黒々とした血が噴き出すようでした。

フェーズTの言わゆる無く指の先目に相当する場所です。

しかしフェーズU とVにあたる場所からも黒い血は出ました。

治療回数は数えていませんが、血の色は明るく赤色に近づいてきました。

血の量も出る場所がほとんど2,3か所になり減ってきました。

では見える景色はどのように変化が起きたかと言いますと、2か月前より歪みの個所が減ってきました。

蛍光灯の紐スイッチのところどころ4か所がポコンポコンとへこんでいましたが、いまはところどころ歪んでいるなあぐらいになってきました。

エアコンの全面の吸い込み口が、細く横に何本も平行線になっています。

そこを見るとじっと眺めると2か所ぐらいが少し凹んだカーブを描いています。

目を動かすとところどころ3か所に歪みが見えます。

直伝霊気遠隔療法を自分にも送っています

6人に決まった日時に気を送っています。

そこ結果はこのサイトでも書いていますが、あまりにも効果が高いので自分にも送ることにしました。

その効果が出てきてもあるのでしょうか。

春の陽気になってきたのでその効果もあるのでしょうか、体温が上がり始めてきました。

36度以下だった体温が、36.5分になっていたので二度検温しました。

萎縮性加齢黄斑症の原因は血流が悪くなって起こるので、血流改善は目の治療にも働くことでしょう。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川














posted by 手のひら先生 at 16:57| 目の難病治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

パーキンソン病の鍼治療

パーキンソン病の鍼治療法が完成です

アメリカの俳優マイケル・J・フォックスさんがついに俳優引退と言うニュースが流れました。

以前もパーキンソン病を患っていると涙ながらに、この病気の治し方がないことを訴えていました。

その頃はまだ薬を服用して何とか俳優はやめてはいませんでした。

あのバックツー・ザ・フューチャーで元気はつらつとしていた彼を覚えているので、その姿とは見違える彼を見たくはありませんでした。

あれから何年か経過したのでしょうか?

私自身が脳溢血を発症したり妹がパーキンソン病を発症したりし、その治療法を必死に探し求めてきたので時間がたってしまいました。

家族の病気治療なのでそれこそ必死に治し方を模索してきました。

当時完成しましたが満足してはいなかった治療法でした。が、パーキンソン病を完治させる鍼治療としては完成度は90パーセント以上でした。

しかし治療に関して患者さんは遠くからいらっしゃるので、頻繁に治療を受けることが難しいことです。

問題は短期間に症状が軽快していくことが重要です。

症状が治まれば薬を減らし元の健常な生活に戻るためには、ある程度の回数と時間を掛ければ良いのです。

鍼治療と補助療法について


鍼治療効果は2日ほどで消えると言われています。治療を継続すればその効果は徐々に長くなってゆきます。

長い間鍼治療効果を維持させる方法は無いかと模索してきました。

ここで身につけている技術が驚く効果を持っていることに気が付きました。

直伝霊気療法と言う気の治療法です。

この手の療法をオカルト的で嫌う方多いと思います。

鍼灸師の治療は自らの気を患者に与えて治すというのが、鍼灸の治療法なのです。

ツボに鍼を刺すことは手段にしかすぎません。

むかしから古武道の先生から次にレイキを学び、さらに直伝霊気と学んできていました。

レイキはティーチャーの資格も持っています。


直伝霊気は治療に使えることを実感

先輩が入院して手術後の状況が思わしくないと連絡を受けたので、考えたのが気を送ることでした。

レイキ療法には気を送り治す方法があります。

10年以上前にそれで効果があることが分かっていたはずでしたが、鍼治療の研究ですっかり忘れていました。

それを思い出して1回送っただけで状況が変化したので、翌日すぐ連絡があったほどです。

その後5回送ったあと退院されています。

さらにこの結果で自信を得たので、パーキンソン病の患者さんの心臓発作を治しました。ストレスで心臓の周りが狭心症みたいになる患者さんも、どうやら発作は治まってきました。

関節リウマチ患者さんで生物学的製剤注射を打っていると、やがて副作用なのか関節が腫れ痛みが出てきました。

関節リウマチには血行障害を伴います。レイキを送ると実感できました。横になっていると足の方からカーッと温かさが上がって来たそうです。

妹はパーキンソン病は症状が無くなっているので腰痛治療のため気を送りました。

パーキンソン病の鍼治療

本来の鍼治療はどうなっているんだと言われそうですが、鍼治療研究の中でどの程度刺激度が適正なのか考えていました。

これが解決しました。

最初の1,2回の治療は患者さんは激痛に耐えなければならないかも知れません。

しかしそれを超えれば症状に変化が現れると同時に、鍼の本数も劇的に減ります。

身体が強い刺激を必要としなくなるのです。

病気が今までなかなか改善しなかったことがありましたが、刺激の壁のようなものがあったのではないかと考えています。

鍼の本数が減ったあとにそのまま強い刺激をすれば逆効果をもたらすかも知れません。

この診断が出来るようになってから、パーキンソン患者さんの症状が劇的に変化しました。

震えはおよそ10回で治まったのは驚きでした。

ただそれまで眠っていた心臓の調子がおかしくなったという事はありました。

この状況はレイキを送ることで治まりを見せています。

鍼治療を再開できればパーキンソン病は完治間もないと思います。

パーキンソン病は脳の病気です。

むかしからあるツボに鍼を刺しても治せません。

何しろ二千年前の鍼の本では脳が何をしているところか分からなかったからです。

頭のツボは目や耳や、体の不調を治すためのツボになります。

脳の神経を治療するにはツボの見直しをしないとなりません。

さらにパーキンソン病の遠因は脳の免疫度が低下したことによるものです。

最新の研究はそこまで解明されてきているのです。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川














ラベル:鍼治療
posted by 手のひら先生 at 16:45| パーキンソン病の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

直伝霊気の遠隔治療の効果に驚きました

その後の遠隔治療効果報告

少しあいだが空きましたが靈氣療法のその後の効果を報告いたします。

遠慮されて連絡がなかったので、問い合わせてみました。

自宅療養と言うことになった胆管がんの患者さんです。

気を送って翌日の今日早速連絡がありました。

気が送られると体が温かくなりました。翌日胆汁が排出されたものを確認すると、粘液状のものが少なくなりサラサラになっていました。

本日も引き続き送ります。

生物学的製剤を注射しているリウマチ患者さんは、身体がカーッと足先まで温かくなりました。

左手首の腫れが心持ですが良くなったよう見えます。勿論ここの痛みは減っています。他の足首の痛みは鍼の効果で起きていません。

先日からいらっしゃっている患者さんがいます。

病院の検査ではいろいろ調べても何も異常が発見されず、いろいろ苦しさを訴えていたら精神科に行きますかと言われてしまった方です。

困って大きな書店で見つけた拙著「手のひら先生の高麗手指鍼療法」を発見し、即電話連絡を頂きました。

問診望診をした後に診断をすると、強いストレスが掛かって起きた症状と分かりました。

扁桃核や副腎などストレスに関係するツボの気が、異常に高ぶっていました。

それを即治療してしまうと思わないような反応が出てしまうので、まず鍼になれるための調整鍼をしました。

2回目の予約の前に突然キャンセルの電話がありました。

予約の当日キャンセルと思ったので作業をしていると、突然来院され驚きました。

前回の治療後発作が起きて心臓周りが苦しくなったので、いつもと違う循環器科を受診しました。

そこで処方された薬を飲むと、心拍数が40台に下がったのでキャンセルの連絡をくれたそうです。


元の循環器に行くと新しい薬を止めましょうと言うことになり、身体が軽くなったので本日連絡なく来たという事でした。

診察するともうストレスでダメージを受けた、扁桃体や副腎皮質などのツボの気も治まってきたので、本日は本格的に治療を行いました。

この日は「直伝霊気の遠隔治療のことをお話しし、送りましょうかと聞き快諾を得ました」

その次週の報告です。

打ち合わせた時間に暗くした部屋でベットに寝ていると、扁桃体のあたりと胸のあたりが明るく光ったそうです。

その翁な報告は初めてだったので「心の中で、ほんとかよ」と叫んでしまいました。

その後胸が締め付けられる発作は4日ほど消えたそうです。

鍼治療間隔が開きすぎる時はレイキの遠隔治療を利用していただくことにしようかと思っています。

妹の腰や花粉症、もちろんパーキンソン病の状態も良い状態です。義理の弟もすっかり遠隔治療を信頼しているようで、腰の痛みは無くなったと言っています。

もうお一人のパーキンソン病の患者さんも鍼で良くなったうえに、遠隔でさらに身体が元に戻ったので今は仕事に戻ったとのことです。

鍼治療か直伝靈氣療法か?やはり鍼灸師なので鍼治療もがんばらねば、と言っても完成していますのでさらに広めるために、分かり易い解説の動画を公開しようと予定しているところです。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川










































posted by 手のひら先生 at 17:33| レイキ療法の効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする